列車内で女子高生のスカートの上から自身の下半身を押し付けていた男が警戒中の警官に現行犯逮捕される

広島西署は7月3日午前8時ごろ、廿日市市地御前1丁目、会社員西岸直哉容疑者(29)を県迷惑防止条例違反(卑猥な行為)の疑いで現行犯逮捕した。

逮捕容疑はJR山陽線五日市駅から横川駅に向けて走行中の普通列車内で、県内の女子高生(17)の後ろに立ち、スカートの上から尻に自身の下半身を押し付けるなどした疑い。

同署によると、警戒中の県警鉄道警察隊員が目撃して取り押さえた。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ