「みやじま国際パワートライアスロン大会」で男性が溺れて意識不明の重体

7月1日午前、広島県廿日市市で行われたトライアスロンの大会で、60代の男性が水泳の競技中に溺れ、意識不明となっているという。広島海上保安部によると、1日午前10時半ごろ、広島県廿日市市で行われたトライアスロンの大会、「みやじま国際パワートライアスロン大会」で水泳の競技中に62歳の男性が溺れているのをライフセーバーが見つけた。

男性はすぐに救助されて病院に運ばれたが、意識不明だという。水泳の競技が行われたのは宮島の世界遺産・厳島神社をスタート地点に2.5キロを泳ぐコースで、男性はゴールまで200メートルのところで溺れたという。

大会は廿日市市を舞台にスイム・バイク・ランの合わせて77.5キロを競う大会で、大会本部によると、今年は全国から650人余りが参加していた。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ