福山の自称ミュージシャンの男が大麻所持の疑いで現行犯逮捕される

福山市の自称ミュージシャンの男が、大麻所持の疑いで警察に現行犯逮捕された。自宅からは大麻草とみられる鉢植えなどが見つかった。逮捕されたのは、福山市山野町の自称ミュージシャン・岡田紘明容疑者。

警察は、「岡田容疑者が大麻を使用している」という情報提供を受け、自宅を外から確認したところ大麻草とみられる植物が栽培されているのを発見し、6月25日午前、家宅捜索を実施。室内から乾燥大麻が見つかったことから、大麻所持の疑いで岡田容疑者を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

吸引用のパイプや巻紙とともに、ベランダにあった大麻草とみられる鉢植え9個と苗木が植えられた栽培ポット9個を押収したという。警察は、岡田容疑者が大麻を自ら使用していたほか、第三者への販売目的で栽培していた可能性があるとみて詳しく調べる方針。(RCC)



2018062615093195c.jpeg

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  
No title

シャブの検査もしたほうがいいね

2018/06/26 (Tue) 15:37 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ