深夜、窓から女性の脚をさわさわと触った男を再逮捕

6月22日、広島西署は広島市西区小河内町2丁目、配管工佐藤元重被告(52)=住居侵入罪で起訴=を準強制わいせつと住居侵入の疑いで再逮捕した。

再逮捕容疑は17年6月20日午前2時55分ごろ、同区のアパートの20代女性方のベランダに侵入。無施錠の窓から手を伸ばし、寝ている女性の脚を繰り返し触った疑い。「侵入はしたが触っていない」と供述しているという。

同署によると、触られているのに気付いた女性が110番した。

別の住居侵入容疑で逮捕した後の捜査で関与が浮上したという。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ