学問の経営者加計孝太郎理事長初会見「3年前の事は覚えていない」

加計学園の加計孝太郎理事長が、6月19日午前11時から、問題発覚後初めてとなる記者会見を開いた。安倍総理と加計学園理事長の面談について、学園側が愛媛県と今治市にウソの報告をしたとして、当時の担当職員を減給処分。理事長自身も給与を1年間自主返納することを明らかにした。

また、安倍総理との面会については「3年も前で、記憶にもないし、記録もなかった」と説明。獣医学部新設を前に進めるため、事務局長が「勝手にやった」という認識を示した。

愛媛県が先月国会に提出した文書には、加計孝太郎理事長と安倍総理が「2015年2月25日に面談した」とする記載があったが、加計学園と安倍総理はこれを否定。のちに、加計学園側が「うその報告をしていた」と愛媛県などに謝罪していた。

加計学園が今年4月に愛媛県今治市に開校した岡山理科大学獣医学部を巡っては手続きに不透明な部分があると指摘されいる。問題発覚から1年以上たって、理事長が会見を開いたのは初めて。(瀬戸内海放送)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ