帰宅中の女性が顔を殴られ現金など17万円相当が入ったバッグを奪われる

6月10日夜、広島市佐伯区の路上で仕事から帰宅中の女性が男に顔を殴られ、現金が入ったカバンを奪われた。警察によると、10日午後9時15分ごろ、広島市佐伯区美鈴が丘緑の路上で、41歳の会社員の女性が徒歩で帰宅途中、後ろから歩いてきた男にいきなり押し倒された。

男は女性の顔を殴った後、女性が手に持ってた現金や時計が入ったカバン、およそ17万円相当を奪い走って逃げたという。女性は倒された際、肘を擦りむく軽いケガをした。

逃げた男は年齢30代ぐらいのやせ形で、紺色のウインドブレーカーに緑色の作業ズボンを着用していたという。警察は強盗致傷事件として逃げた男の行方を追っている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL