【加計高校教諭死亡】安芸太田町の191号線で土砂崩れ発生 転落した車の57歳教諭死亡

6月6日夜、広島県で土砂崩れが発生した。6日午後8時ごろ、広島県・安芸太田町の国道191号線で土砂崩れが発生したと、警察に通報があった。土砂は国道をふさぐように、およそ20メートルにわたって崩れていた。土砂崩れの現場のすぐそばの川には車が水没していて、運転手の姿がないことから、消防などが捜索活動を行っている。警察は、車が土砂崩れで川に転落した可能性があるとみて、乗っていた人の確認を急ぐとともに、他に土砂崩れに巻き込まれた車がないか調べている。(FNN)



広島県安芸太田町 土砂崩れ


加計高校教諭死亡

6月6日夜、安芸太田町の国道でがけ崩れに巻き込まれて車が川に転落し、町内の高校に勤務する57歳の男性教諭が死亡した。警察などによると、6日午後8時前、安芸太田町津浪で国道191号沿いの斜面が崩れ、乗用車1台が巻き込まれて道路わきの川に転落した。警察と消防が捜索していたところ、およそ9時間後の7日午前5時すぎ、200メートルほど下流の川の中から町内にある県立加計高校の教諭・政綱浩美さんが心肺停止の状態で見つかり、病院で死亡が確認された。

政綱さんは、学校から広島市内の自宅に帰宅する途中で、1人で車に乗っていたとみられる。現場の道路では、現在土砂や岩の撤去作業が行われ、通行止めが続いており、復旧のめどはたっていない。(RCC)



安芸太田町 がけ崩れ

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ