ホモビデオに出演した井上コーチ、次の仕事は新宿2丁目ゲイバー?

アメフト日大ガーリックチキン、もとい、アメフト日大焼き鳥、もとい、アメフト日大フェニックスの元選手による悪質なタックル問題で、関東学生連盟が5月29日に臨時理事会を開いた。同日夜に柿沢優二理事長らが都内で記者会見し、日大の内田正人(まさと)前監督(62)と井上奨(つとむ)前コーチ(30)について、永久追放に相当する「除名」処分にしたと発表したという。森琢ヘッドコーチは「資格剥奪」(登録の抹消)処分。また、反則をした宮川泰介選手は2018年度シーズン終了まで公式試合の出場資格停止(反省文・面談など条件付きで解除)。日大は18年度シーズン終了まで公式試合の出場資格停止となった。(スポニチ)



日大アメフト 内田監督 井上コーチ


井上奨前コーチ”ホモビデオ”出演疑惑

この連中の処分はさて置いて、気になるのが以前、井上奨前コーチがホモビデオに出演していたという。この記事については、すでにネットで騒がれており、その可能性は高いと思われる。実際に井上コーチがホモなのかゲイなのか分からないが、もっと怖いのがモーホー井上コーチが内田前監督に対して絶対服従の関係となると、もしや夜な夜なこの2人は新宿2丁目界隈で密会していたのだろうか。そして、「ベッドの上で内田監督が井上コーチを背後からタックル!?」。



日大 井上コーチ



この手のスポーツ選手にはホモ・ゲイが多いと聞くが、試合がそのまま夜のベッドで生かされていたということなのか。まてまて、これは想像のしすぎか。それは絶対に見てはいけない光景か、はたまた禁断の扉か。しかし、可能性が全くゼロとは言えない。人間というものは、過剰なストレスが肉体や脳に加わると、なぜか非日常的な知らない世界を体験したくなるものだ。


今回は、井上奨コーチのホモビデオニュースが、過去の出来事を思い出させてしまった。それは不思議な世界だった。


ニューハーフ・ホモ・ゲイとの出会い

個人的には、あまり興味がない分野だったが、ニューハーフ・ホモ・ゲイの人たちと何度かスナック・バーで飲んだことがあるので、彼女ら(彼ら)は何を考えているのか、いろいろと聞いてみたのだ。場所は新宿歌舞伎町、新宿2丁目だった。この場所を知らない人は一度は行ってみるといい。



夜の新宿歌舞伎町



事の始まりは、ある週末の夜、新宿歌舞伎町で飲んで、終電も近くなったので靖国通りを歩いて帰ろうとしていた。すると、背の高いスラッとした女がチラシを配っていた。ハイヒールを履いていたせいか、身長は180センチはあった。その女の前を通り過ぎようとした瞬間、「よろしくお願いしまーす、3000円で飲めまーす」と、低い声でチラシを渡された。もしかしたら、これはやばいんじゃないか、と思ったが、この時は酒に酔っていて気持ち良かったので、「もう一軒、今度は変わった店で飲んでみよう」と思い、その声の低い長身の女について行った。これが、彼女ら(中身は男)がどういうもので、どういう生体なのかを知るきっかけとなった。ただし、一線は超えないようにした。


ニューハーフとゲイの違い

彼女ら(彼ら)によると、ニューハーフになった理由は、「自分は男だと思っていない」「男が好き」が断トツだった。だから女に近い格好をしているのだが、整形をしている者もいれば、中高生の頃から容姿が変わらないという者もいる。そして、より女性らしくなろうと日々、さまざまな努力をしている。


これに対して、ホモ・ゲイというのは、男が好きであるが外見は男そのものだ。体つきはマッチョな人や中肉中背が多い。新宿2丁目のスナックへ行くと、ママといいながらオッサンがやっている。こんな店に客なんか来ないと思うだろうが、こんなオッサンママと会話するために、女性会社員がけっこう通っているのだ。これも日頃のストレスから解放されたいと体が反応しているのだろうか。



新宿2丁目



深夜にホモとゲイが寄り添う

広島市では、あまり見ないが、歌舞伎町や新宿2丁目では、ビルの非常階段などで、男同士がくっついているのを見かけた。あまり見たくない光景だが、この様子を、ニューハーフのママに聞いたところ「そっとしてあげて」と言われた。つまり、そうしたいんだから、邪魔などしない方がいい、という事だ。そんなの怖くて近づけないが。


「スナック奨(つとむ)ちゃん」オープンしたら

井上奨前コーチは、ホモビデオに出演した経験から、彼なら新宿2丁目でゲイバーをオープンしても、やっていけると思う。それは、今回の事件によって開かれた記者会見での奨ちゃんの困り果てた様子が、ホモ・ゲイたちの母性本能をくすぐる。さらに長身の奨ちゃんの肉体美をナルシストホモ・ゲイたちが見逃すはずがない。何年か後に、この記者会見の様子が「スナック奨ちゃん」で語り継がれることだろう。お店の壁や天井には、もちろん裸になった奨ちゃんのポスターがところ狭しに貼られる。そして時々、まさとちゃんがご来店。


とある深夜、2丁目のスナックを後にして狭い路地を歩いていたら、お店の2階から男同士の雄叫びが聞こえてきた。怖くなって家路を急いだ。この日を境に、この手の店には行くことはなかった。


関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL