元オリックス・バッファローズ選手が車内で下半身露出して現行犯逮捕される

安佐南署は5月24日午後7時25分ごろ、元プロ野球オリックス・バッファローズ選手の広島市安佐南区山本4丁目、会社員堤裕貴容疑者(24)を公然わいせつの疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は安佐南区山本1丁目のスーパーの駐車場に止めていた乗用車内でズボンを下ろし、下半身を露出した疑い。安佐南署によると、通行人の女性が目撃し、110番。駆け付けた同署員が逮捕した。(中国)


三菱重工の社員だった

公然わいせつの疑いで逮捕された堤裕貴容疑者は高校卒業後、2011年にドラフト6位でオリックス入りした。1軍の試合にも出場していたが、2016年、戦力外通告をうけ退団。その後、広島市内の会社に就職し、去年4月から三菱重工広島の硬式野球部に所属していた。警察によると、事件があったのは、広島市安佐南区にあるスーパーマーケットの駐車場。堤容疑者は、24日午後7時すぎ、この駐車場に車を止め、車内で下半身を露出した疑いが持たれている。買い物客が110番通報し、現行犯逮捕された。堤容疑者が所属する三菱重工広島の硬式野球部は「日頃からコンプライアンスの重要性を指導しているがそれが不十分であったと深く反省している」とコメントしている。(NNN)



広島市安佐南区スーパー駐車場 公然わいせつ 堤裕貴


公然わいせつ 三菱重工 堤裕貴




関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ