「自宅まで送る」拒否された19歳自衛官を懲戒免職

5月18日、陸上自衛隊第13旅団(広島県海田町)は、女性に性的暴行を加えたとして、今年3月に住居侵入と強制性交の疑いで逮捕された第13通信隊所属の男性陸士長(19)を懲戒免職処分にした。同旅団によると、陸士長は昨年12月23日早朝、広島市中区の20代の女性宅に侵入、乱暴したとして、今年3月に逮捕され、4月に家裁送致された。県警によると、帰宅中の女性に「自宅まで送る」と声を掛け、拒否されたのに女性宅に上がり込んだ。新堀哲也第13通信隊長は「再発防止を徹底し、信頼回復に努める」とコメントした。(産経)


陸上自衛官の少年が女性のあとつけ暴行か

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ