10歳の男の子に平手打ちをして鼓膜を破る大けがをさせた近所の78歳男を逮捕

広島市の公園で10歳の男の子に平手打ちするなどして鼓膜を破る大けがをさせたとして、近所に住む78歳の男が警察に逮捕された。放課後に友人と遊んでいた男児は、水飲み場辺りで男に突き飛ばされ、その後平手打ちされたという。傷害の疑いで逮捕されたのは、安佐北区三入南の無職・井上勇容疑者(78)。警察によると、井上容疑者は、4月12日の夕方、自宅近くの公園で、10歳の男の子の肩を突き飛ばしたうえ、顔を平手打ちするなどして左耳の鼓膜を破るなどの大けがをさせた疑いがもたれている。取り調べに対し、井上容疑者は容疑を認めているという。警察が、動機やいきさつを詳しく調べている。(RCC)




安佐北区 井上勇容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ