奈良の女性殺人死体遺棄事件で広島の男に懲役17年の判決

去年秋、広島県の民家から斑鳩町の女性の遺体が見つかり、元同僚の男が殺人と死体遺棄などの罪に問われた裁判で、奈良地裁は5月17日、男に懲役17年を言い渡した。殺人と死体遺棄などの罪に問われていたのは、広島市の無職、染井俊一被告(38)。

判決によると、染井被告は17年10月、大和郡山市内のホテルで同じ飲食店に勤めていた元同僚で交際相手の田島友美さん・当時35歳の首を両手で締めて殺害。遺体を車で運び、広島県呉市にある親族が所有する民家の床下の貯蔵庫に遺棄したなどとしている。

17日の判決で西川篤志裁判長は、染井被告は別れ話の中で田島さんの言葉にこれまでの関係を全て否定されたと感じて突発的な犯行に及んだが、手が痺れるほど強く首を絞めて殺害しており、強固な殺意は明らかと指摘した。ただ、染井被告が反省の態度を示し、遺族に150万円を支払うなどしていることから、懲役20年の求刑に対し懲役17年の実刑判決を言い渡した。(奈良TV)


奈良の女性の死体を呉の住宅に遺棄した男を逮捕


殺人 広島の染井被告

関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL