道を尋ねるふりをして女子高生を自宅から誘い出しわいせつ行為をした男を逮捕

5月16日、海田署は広島市安芸区中野5丁目、無職神門聡志容疑者(38)を未成年者誘拐と県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は4月16日午後6時ごろ、広島市内の女子高生(17)方を訪ねて道を尋ねるふりをして女子高生を屋外に誘い出した。同6時半ごろまでに山道に連れ込み、両手などを触った疑い。逃げ帰った女子高生の親が同日海田署に通報。同署が顔の特徴などから神門容疑者を割り出した。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ