広島市営基町アパートで刃物を持った男が老婆を突き倒して逃走

5月14日午前8時半ごろ、広島市中区基町の市営基町アパートで、70代の住民女性から「ナイフのような物を持った男に突き倒された」と110番があった。広島中央署によると、女性は転倒して頭に軽いケガをした。同署が傷害の疑いで捜査している。

同署によると、女性は12階建てのアパートの屋上で菜園の手入れをしていて振り向きざまに突然、突き倒された。男は40~50代くらいの中肉でチェックの上着を着用。果物ナイフのような刃物を持っていた。女性と面識はなく、突き倒した後、すぐに立ち去った。屋上への出入り口は普段施錠されているが、女性が作業のため開錠していた。(中国)


基町アパートでナイフ所持男逮捕

5月15日、広島市のアパートで、ナイフを所持していたとして男が現行犯逮捕された。近くでは前の日に、ナイフの様なものを持った男に女性が突き倒され、けがをする事件が起きていて、警察が関連を調べている。逮捕されたのは、広島市中区基町の作業員・屋葺勝利容疑者(44)。

警察によると、屋葺容疑者は15日午後6時ごろ、基町アパートの通路で果物ナイフ1本を所持していた疑いがもたれている。近くにいた人から「通路に果物ナイフを持って座っている人がいる」という知らせを受けた交番の警察官が駆けつけたところ、屋葺容疑者がポケットの中に果物ナイフを持っていたという。

屋葺容疑者は、容疑を認めているという。基町アパートでは、14日朝に70代の女性が小さなナイフの様なものを持った男に突き倒され、軽いけがをする事件が起きていて、警察が関連を調べている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  
No title

スラムのほのぼのとした日常をいちいちニュースにするなよ

2018/06/21 (Thu) 13:55 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ