福山の山陽自動車道で大型トラック同士が衝突して横転

5月14日未明、福山市の山陽自動車道で、大型トラック同士の追突事故により1台が横転し、上りの一部区間でおよそ4時間にわたり通行止めとなった。午前1時半ごろ、福山市春日町の山陽自動車道上りで23歳の男性が運転する大型トラックが前を走行中の大型トラックに追突した。追突されたトラックが横転したが男性運転手は軽傷で、追突した方のトラックの運転手は胸や脚の骨を折る重傷。

当時は霧も発生していたため、視界がやや悪い状態だったという。この事故の影響で山陽自動車道上りは福山東インターと笠岡インターの間でおよそ4時間にわたり通行止めとなった。警察は追突した運転手の前方確認が不十分だったとみて詳しい事故の原因を調べている。(TSS)



事故福山市 山陽自動車道 


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ