平尾容疑者・対岸まで300メートルの場所を泳いだか

愛媛県今治市から逃走した受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が、尾道市・向島などに一時潜伏し、広島市南区で逮捕された事件で、愛媛県警は5月10日、向島の潜伏現場などで同容疑者の立ち会いの下、逃走時の状況を確認した。平尾容疑者を乗せた警察の車両は午後2時すぎ、向島の北東部に到着。今治からの盗難車を乗り捨てた尾道大橋付近の駐車場や、屋根裏に潜伏していたと供述している岩屋山近くの無人の別荘周辺を回った。

尾道水道に面する駐車場には約10分停車し、警察官が海岸線などを確認した。同容疑者は向島を潜伏後、尾道水道を泳いで対岸の尾道市中心部に渡ったと供述している。車は約1時間半、向島を回った後、今治に戻った。

駐車場の所有者男性(83)は「対岸までは300メートル以上ある。流れも早く、ここから泳いだとすれば驚きだ」と話していた。(中国)

「向島から本州まで泳ぐのに1時間かかった。死ぬかと思った」平尾容疑者



平尾容疑舎 尾道水道 場所


向島 尾道水道 距離


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ