家族を殺した71歳の男を逮捕

5月9日朝、広島市東区の市営住宅で70代と30代の親子とみられる女性2人が死亡しているのが見つかった。警察によると70代の女性の夫とみられる男が「自分が殺した」などと話しているという。警察によると9日午前8時半すぎ、広島市東区牛田早稲田の市営住宅の1室で「家族が死んでいる」とこの家に住む71歳の男から警察に通報があった。警察が駆けつけたところ、70代と30代の親子とみられる女性2人が別々の部屋で布団の上に倒れているのが見つかり、いずれも死亡が確認された。男は70代の女性の夫とみられ「自分が殺した」などと話しているという。警察は男から事情を聴き詳しい状況を調べている。(NHK広島)


娘に「殺してほしい」と言われて殺害か

9日朝、広島市の市営住宅で、70歳の母親と35歳の娘が死亡しているのがみつかった。同居する71歳の父親は「娘が母親を殺した。娘に殺して欲しいと言われて自分が殺した」と話しているという。警察は、父親を娘に対する殺人の疑いで逮捕した。警察によると、9日午前8時40分ごろ、広島市東区牛田早稲田の市営住宅の一室で、「家族が死んでいる」という内容の110番通報があった。

警察官がかけつけたところ、住人の上柳鈴子さん(70)と長女の美晴さん(35)が、別々の部屋のベッドの上でそれぞれ仰向けとうつ伏せの状態で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。2人の首には、ひものようなもので絞められたあとがあったという。通報してきた同居する父親・上柳正男容疑者(71)は、警察の任意の事情聴取に対し「娘が母親を殺した。娘に殺して欲しいと言われて自分が殺した」と話しているという。警察は、上柳正男容疑者を長女・美晴さんに対する殺人の疑いで逮捕した。今後、話している内容について慎重に裏付けを進めるとともに動機などについて調べる方針。(RCC)



東区牛田早稲田 市営住宅

関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL