広島空港で化学消防車が横転

5月9日朝、広島空港の誘導路内で空港消防隊の化学消防車が走行点検中に横転し、乗っていた男性職員2人が軽いけがをした。広島空港事務所によると9日午前8時半ごろ、広島空港の誘導路内で空港消防隊の化学消防車が走行点検中に曲がろうとした際、横転したという。

化学消防車には空港消防隊の30代の男性職員2人が乗っていて、いずれも打撲などの軽いけがをしたという。この影響で誘導路が一時閉鎖され、午前9時すぎに東京に向かう便などあわせて3便で最大18分の遅れが出たが、現在は通常どおり運航しているという。

走行点検は毎朝行われているということで、警察や空港事務所が事故の状況を詳しく調べている。(NHK広島)



広島空港 消防車横転

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ