左翼の匂い・・・広島市立大学が平和学研究科を開設

広島市立大学は19年度、国公立大学で初めてとなる平和学研究科を開設すると発表した。19年4月に開設予定の平和学研究科では、国際問題の解決や平和の維持に向けて実践で生かしたり広く発信できたりする人材の育成を目指して2年間教えるという。国公立大学で平和学研究科が設置されるのは広島市立大学が初めてだという。開講される科目は被爆体験を軸に核の脅威について考察する被爆の記憶や平和を伝える手法を学ぶジャーナリズム論など30科目あるという。卒業後の進路は国際問題の解決に向けた政策の立案などに関わる国際公務員や、平和創造の視点から情報を収集、発信できるジャーナリストなどを想定しているという。入学試験の詳細については7月ごろに発表予定だという。(RCC)
関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL