NPO法人Node・自閉症&引きこもり広島社員も頼む!

自分の勤める会社に「自閉症社員」が居たとしたらどうだろう。それは悪夢の始まりだ。わが社の”まことちゃん”に打って付けのところが出来たようだ。なんとか自発的に自己改善をして、一般社会人の平均レベルに到達してほしいが、それも叶わぬ願望で終わりそうだ。「自閉症広島社員」を作り出した原因は、ノー天気で短絡的な零細企業経営者の責任である。


5月7日、引きこもりの当事者や経験者が主体となって相談や支援などに取り組んできた各地の団体の代表らが東京都内で記者会見し、全国組織のNPO法人「Node(ノード)」を設立したと発表した。同日から本格的な活動を開始。今後、インターネットを通じた情報提供や相談対応などを実施する。

当事者を主体とした全国組織のNPO法人の設立は初めてという。北海道、青森、東京、神奈川、大阪、兵庫、香川で活動する9団体の代表が理事に就いた。設立は4月19日付。Nodeは英語で「結び目」を意味する。

Nodeは7日、引きこもりに関する総合情報ポータルサイト「ひきペディア」(https://hikipedia.jp/)を公開。各地の当事者会や支援組織、医療機関などを紹介している。19日には都内で、専門家らによる対談やパネルディスカッションなどを行う設立記念イベントを開く。今後、電話やメールによる相談窓口の運営や、関連する政策提言なども行う考えだという。(時事)

関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL