向島を脱出していた平尾受刑者の身柄を広島市内で確保

4月30日午前、広島県警は、4月8日に松山刑務所から逃走した平尾龍麿容疑者(27)の身柄を、広島市南区で確保し、緊急逮捕した。警察によると、30日午前11時38分、警察官が広島市南区にある荒神町小学校近くの路上で、平尾容疑者によく似た男を発見し職務質問をしたところ、本人が平尾容疑者と認めたため、その場で緊急逮捕した。

平尾容疑者は、4月8日の午後6時から7時頃の間に、愛媛県今治市にある、松山刑務所大井造船所から逃走した。その後、平尾容疑者が逃走に使ったとみられる車が、広島県尾道市向島の駐車場で見つかって以降、捜査網をかいくぐり、向島島内に潜伏していると見られていた。

この間、警察は、平尾容疑者が島外に出た形跡がないとして、延べ1万5000人以上の捜査員を向島島内に投入し、平尾容疑者の行方を追っていたが、向島から直線で、およそ65キロ離れた広島市内での身柄確保となった。平尾容疑者が見つかった小学校は、JR広島駅までおよそ600メートルに位置している。平尾容疑者の身柄はこの後、愛媛県警に引き渡らされるという。(TSS)





広島市南区 平尾受刑者 逮捕


平尾受刑者 広島市南区 逮捕4


平尾受刑者 移送3



JR広島駅前のネットカフェにいた

警察によると、4月30日午前、広島市南区のJR広島駅の近くにあるインターネットカフェの店員から「似た男が店を訪れた」と通報があったのを受けて、警察が捜査にあたったところ、店の付近の路上で平尾容疑者を見つけたという。警察が名前を聞いたところ本人であることを認め、指紋が一致したことなどから、逃走の疑いで逮捕した。警察の調べに対し、平尾容疑者は、「潜伏していた島から海を泳いで本州側に渡った」と供述しているという。(NHK広島)


平尾受刑者4

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ