JR広島駅構内の線路上に高齢女性が侵入して列車と接触

4月29日午前11時5分ごろ、広島市南区のJR広島駅構内の路線上で、同区の70代女性が西条発岩国行きの快速列車と接触した。JR西日本広島支社と広島東署によると、女性は肋骨を折るなどの重傷。同駅で停車するため速度を落とした運転士が線路上の女性を見つけて非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。山陽腺と可部線の上下計6本が運休するなど計約4800人に影響した。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ