防犯カメラに平尾受刑者らしき人物が映る

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者が逃走した事件で、広島県警は4月27日、指名手配された平尾龍磨容疑者(27)の潜伏先とみられる広島県尾道市の向島で、平尾容疑者に似た不審者が防犯カメラの映像に映っていたと明らかにした。防犯カメラの設置場所周辺を中心に捜索を続けている。

県警によると、窃盗被害が相次いだ島北部に設置されていた防犯カメラに24日夜、短髪の人物が歩いている様子が映っていた。26日には、同じ北部にある神社で黒のジャージーも見つかった。平尾容疑者が逃走時に着ていたものとは異なるとみられるが、途中で着替えた可能性もあるとみて調べている。

島には山間部や空き家が多く捜索は難航。今月10日に車上荒らしにあった車から、平尾容疑者の指紋などが検出されていたが、その後は足取りが途絶えていた。(毎日)


岩屋山付近で確認

受刑者の逃走から20日目、向島の防犯カメラに受刑者と特徴が一致する人物が写っていたことが分かった。警察は、26日夜、赤外線カメラを搭載した海上保安庁のヘリコプターを使用し、北部の山林を中心に2時間にわたり捜索したが、新たな手がかりは見つからなかった。4月10日以降、足取りは途絶えていたが、警察によると「岩屋山」付近に設置された防犯カメラに24日の夜、大雨の中、傘をささずに坂道を下りる人物が全身で写っていたという。

画像は白黒で不鮮明だが、捜査関係者は「頭や耳、鼻の特徴が一致していて平尾受刑者で間違いないと確信した」と話している。さらに、この「岩屋山」のほこらからは、刑務所のものではないジャンパーや寝袋が見つかりDNA鑑定を行うなど関連を調べている。住民は「気持ち悪い、早く捕まえてもらいたい」と話していた。逃走から20日目、警察は「岩屋山」を中心に警戒を続ける方針。(HOME)



向島 岩や山


向島 防犯カメラ
関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL