可部東で登校中の女子高生が車にはねられ意識不明の重体

4月26日朝、広島市で自転車で登校中の女子高校生が車にはねられ意識不明の重体。事故があったのは、安佐北区可部東の交差点。警察によると26日午前8時すぎ、近くの高校に自転車で登校中の2年の女子生徒が、軽乗用車と出会い頭に衝突した。

「行ったときには女子生徒は倒れていて、若い女性が蘇生をしていた。一緒にいた女子生徒が一生懸命名前を呼んでいた」(近くにいた警備員)

女子生徒は病院に運ばれたが、頭を強く打ち意識不明の重体。軽乗用車を運転していた女性と同乗者にけがはなかった。現場は信号や一時停止などの規制のない交差点で、警察が事故の詳しい原因を調べている。(RCC)




可部東女子高生事故

関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL