「平尾受刑者です」いたずら電話発生

愛媛県の刑務所施設から受刑者の男が脱走し、尾道市の向島に潜伏しているとみられる事件は、有力な手がかりがないまま、発生から18日目となった。尾道市の向島や岩子島では、広島と愛媛の両県警あわせて462人態勢で、島内全域の空き家などを中心に平尾龍磨容疑者を捜索している。

4月10日に、車上荒らしの被害があった現場から平尾容疑者の指紋やDNAが検出されて以降、容疑者の足取りはわかってい無い。警察にはこれまでに、あわせて300件以上の不審者情報が寄せられているが、未だ有力な手がかりにつながっていない。

一方、昨日夜には尾道警察署に平尾容疑者をかたる悪質な電話もあり、警察は、いたずら電話はやめるよう呼びかけていいる。(TSS)


関連記事

スポンサーリンク

Comment

No title
編集
2018年04月26日(Thu) 12:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL