女子高生殺害、鹿嶋学容疑者現場に立つ

14年前、廿日市市の住宅で女子高校生が刃物で刺され殺害された事件で、警察は4月24日、殺人の疑いで逮捕した山口県の男を現場に立ち会わせて当時の詳しい状況を確認した。山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)は平成16年10月、廿日市市の住宅で高校2年生の北口聡美さん(当時17)を刃物で刺して殺害したとして、4月13日に殺人の疑いで逮捕された。

警察によると、これまでの調べに対し容疑を認め「バイクで東京に向かう途中、女子高校生をたまたま見かけ、家に入るのを確かめてから侵入した」などと供述しているという。警察はこうした供述を裏付けるため24日午前、鹿嶋容疑者を現場に立ち会わせ、住宅に侵入した際の経緯など当時の詳しい状況を確認した。

警察によると、鹿嶋容疑者は「仕事を失い、自暴自棄になっていた」などと供述しているほか、わいせつ目的だったという趣旨の供述もしているというが、北口さんはわいせつの被害には遭っておらず、逃げようとした際に刺されたとみられている。

警察は偶然見かけた北口さんを襲ったとみて詳しいいきさつや動機についてさらに調べることにしている。(NHK広島)




廿日市市女子高生殺害 鹿嶋容疑者

関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL