安芸高田市「アートまつりin向原」で超軽量動力機が墜落

4月22日午後2時40分ごろ、安芸高田市向原町長田の畑に、松江市の自営業男性(63)が操縦する「超軽量動力機」と呼ばれる簡易な飛行機が墜落した。男性は軽いけがを負った。当時、現場から数十メートル西の公園で出店か並ぶイベント「アートまつりin向原」か開かれており、会場は一時騒然となった。男性が所属する豊栄フライングクラブ(安芸高田市)によると、同機は向原町坂の豊栄場外離着陸場を離陸し、イベント会場の上を旋回していたという。現場近くで、電柱の最上部に張られた雷よけのワイヤに引っ掛かったとみられ、安芸高田署などが原因を調べている。(中国)




小型飛行機 安芸高田市

関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL