向島捜索・地元消防団員310人加わるが成果なし

愛媛県今治市の刑務所施設から受刑者が逃走した事件は、4月22日で発生から2週間となった。潜伏先とみられる尾道市向島では、警察の捜索とともに消防団のメンバーが大規模な空き家のパトロールを始めた。集まった消防団員は尾道市全域から約310人。難航する警察による捜索の中、地元の住人から何かできることはないかと名乗りをあげたという。パトロールは島内に住む団員をリーダーに5人ほどのグループに別れ、防火の観点から空き家を中心にきちんと施錠されているか?ガス漏れがないか?などを確認。不審な状況があれば警察と連携して対処することにしている。(TSS)




尾道市向島 消防団


尾道市向島 空き家捜索

関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL