尾道のボウズ頭男たちが平尾受刑者と間違われて迷惑中

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が脱走した事件で、潜伏先とみられる広島県尾道市の向島以外からも、同容疑者に似たとする不審者情報が複数寄せられている。ただ、有力情報はなく、広島、愛媛両県警は4月19日も引き続き向島を重点的に捜索した。

捜査関係者によると、平尾容疑者の脱走後、広島県内の複数の住民から「(平尾容疑者に)よく似た人物がいる」などの情報提供があった。しかし別人だったり、情報が曖昧で特定に至らなかったりしている。

広島県警は、向島に捜査員を集中的に投入する一方、島外で発生した空き巣や車上荒らしの現場で採取した指紋なども平尾容疑者のものと照合。あらゆる可能性を視野に行方を捜している。(産経)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ