福田次官セクハラ報道に塩村あやか総支部長がやり玉に上げられる

日本の典型的なエロおやじの代表・福田淳一財務事務次官によるセクハラ報道が過熱している中、そのエロおやじに特攻隊の如く指示命令を出していたテレビ朝日の姿勢にも問題があるとネットで騒がれている。そもそもセクハラの意味は、


職場や学校などで、強い立場の者(階級が上)が自分の権限を利用して、下位にある者に対して性的な嫌がらせを行う(強要する)事。


だから、今回のケースは「官僚」対「報道機関の社員」であるから、全くセクハラとは関係ない。エロおやじの言動が不快なら、その時点からもう会わなければいいだけだし、選手交代する方法もある。しかしテレビ朝日は、この嫌がる女性社員を特攻隊の如くエロおやじの懐にもぐらせようとした。つまり、記事を書く対価として、エロな雑談をされてしまったと騒いでいるだけの話。

そんな不可思議な日本社会だが、このニュースにネットユーザーが、あの広島3区塩村あやか総支部長の事(ナンシー塩村)を取り上げていた。「ナンシー塩村」とは、本人がアイドル活動をしていた時の名前だという。都議会議員時代の「セクハラ=塩村=被害者」という印象が強いのか、この内容の投稿について多くの賛同が得られていることにも注目したい。もう、昔の話だし、本人も改心したことだろう。それでもネットでは、例えば、細野剛志議員の話題になると「モナ」が出てくるという始末。永遠にネットの「おかず」になってしまうのだろうか。


「社員が福田次官からセクハラ」と公表のテレビ朝日、会見を中継せず。疑問の声相次ぐ

テレビ朝日は4月18日深夜、自社の女性社員が福田淳一財務事務次官からセクハラ被害を受けていた、と発表した。急きょ開かれた会見は、フジテレビが冒頭部分を生中継したほか、各社がネット上で会見の様子を配信した。当のテレビ朝日や関連会社はその内容を生中継で報じておらず、疑問の声も上がっている。

「AbemaTV」は普段からさまざまな会見を生中継していることもあり、こうした対応について、ネット上では「セクハラに毅然と対応するつもりがあるのか」「テレ朝も問題ある」「姿勢が残念」「なぜ?」などの声が多く上がっている。

30分ほどで終わった会見では、そもそも被害を相談された段階で対応を誤っていたのではないか、との指摘が他社の記者から相次いだ。

「女性社員の相談を真摯に受け止め、報道していればこういうことにならなかったのでは」という質問については、「適切ではなかったこと、深く反省」と述べるにとどめた。

また、「相談のタイミングで被害者が傷ついたのでは」という指摘については、「いわゆる二次被害が心配されることを理由に難しいと伝えた」と繰り返した。

さらに、「セクハラへの認識が低かったのでは」との質問については、批判を受け入れるとしながら、「社内で共有されていなかった。これに関してはきちんと改めていきたい」と答えている。

女性社員は、「福田氏がハラスメントの事実を認めないまま辞意を表明したことをとても残念に思っている。財務省は事実を明らかにしてもらいたい」と述べているほか、「全ての女性が働きやすい社会になってもらいたい」とも話しているという。(BuzzFeed Japan)



【ネットユーザーの反応】

テレ朝の対応は甚だ疑問 録音テープを完全な形で出して欲しい。
そう思う 20338 そう思わない 1137


ナンシー塩村の時と同じ。継ぎ接ぎだらけの捏造音声がバレたら被害者を演じて、それが通用しなくなると黙りこみ無かった事にする。似たような手口使ってるね。今回は社員をホステス変わりに使ってるだろ?その女性社員が訴えるべきは自社じゃないのかね?

そう思う 21255  そう思わない 2469


テレ朝は組織的に美人局を送り込んでたわけだ。録音データからセクハラ発言だけをつなぎ合わせたら、それは不自然な会話になるのは当たり前だ。政権打倒のためには手段を選ばないというなら、報道の中立性など期待できない。

福田のセクハラは最悪だと思うがテレビ朝日のセクハラもみ消しも大問題。テレビ朝日に対し各社があまり批判しないのはどこも同じことしてるからだと思う。

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ