仏TV番組で被災地と原爆広島を比較

在フランスパリ日本大使館は、フランスの有料TV、カナル・プリュス[Canal+]が東日本大震災の直後に放映した風刺人形劇の人気番組に「被災者感情を傷つける場面があった」として、3月にテレビ局側に抗議したことを明らかにした。問題の番組は、3月中旬の4日間にわたり放映された「レ・ギニョル・ド・ランフォ」[Les guignols de l'info]で、原爆投下後の広島の写真と、今回の震災で被害を受けた仙台の町並みを比べて、「日本は60年間も復興に向けた努力をしていない」というせりふをつけたり、福島第一原発の周辺で復旧作業にあたる作業員を映像ゲームのキャラクターに模したりした。また、日本の国旗に核マークをあしらったものもあった。日本大使館はフランス在住の日本人の視聴者から連絡を受け、番組内容を確認したうえで、3月18日付でカナル・プリュスの編集局長あてに文書で抗議、3月21日には口頭で抗議したところ、テレビ局側は「ギニョルはいかなる対象も風刺する番組で、人を傷つけるのが目的ではない。表現の自由がある」などと答え、謝罪はしなかったという。(朝日)



広島 震災


今回の報道とは関係ないが参考までに(モノクロ画像は長崎)
長崎原爆と震災
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL