”忍者平尾受刑者”172件の不審者情報をものともせず

愛媛県の刑務所施設から受刑者の男が脱走し、尾道市の向島に潜伏しているとみられる事件は、発生から9日目を迎えたが、男の行方は分かっておらず捜索は難航している。尾道市の向島では発生から2度目の月曜日を迎え、4月16日朝は広島と愛媛の両県警あわせて650人態勢で平尾龍磨容疑者(27)の行方を追っている。

15日までの捜索で警察は延べ6600人を投入、あわせて172件の不審者情報も確認しているが、未だ有力な手がかりはつかめていない。これまでに向島北東部の向東町で、現金や衣類などが盗まれる被害が7件あり、そのうち2件で平尾容疑者の指紋が見つかっている。警察は、島内に1100件以上ある空き屋の捜索もあわせて進めているが、立ち入りには持ち主の許可が必要なため手間取っていて捜索は難航している。(TSS)




向島 画像

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ