長崎のバイト先で「盗んだ金額が違う」交番に出頭した男を逮捕

広島中央署は4月5日、住所不定、無職自称樋口高明容疑者(24)を窃盗の疑いで逮捕した。逮捕容疑は3月8日午前5時ごろから午後4時半までの間、当時アルバイトとして働いていた長崎市内の飲食店で、売上金約56万円を盗んだ疑い。同署によると、4月4日夜、広島市中区の舟入本町交番に出頭した。「盗んだことに間違いはないが、金額が違う」と供述しているという。(中国)
関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ