兄に胸を刺された男が死亡

4月2日夕方、福山市の路上で63歳の男性が刃物で左胸を刺されて死亡した。警察は現場にいた70歳の兄を殺人未遂の疑いでその場で逮捕した。2日午後6時すぎ、福山市南蔵王町の路上で「男が男性を刃物で刺した」と通りかかった人から警察に通報があった。

警察が駆けつけたところ、岡山県笠岡市の会社員、本原英二さん(63)が刃物で左胸を刺されて倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが、およそ1時間半後に死亡した。警察は現場にいた兄で福山市東深津町の無職、本原勉容疑者(70)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕した。

警察によると、持っていた手提げかばんの中から凶器とみられる包丁が見つかったということで、調べに対し「包丁で切りつけたことは間違いないが、殺そうとは思っていなかった」などと供述しているという。警察は容疑を殺人に切り替えて詳しい動機などを調べることにしている。(NHK広島)




福山市 殺人事件
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL