JR可部線で人身事故

広島市安佐南区緑井にあるJR可部線の堂ケ内踏切で、近くに住む60代の男性が広島駅に向かっていた列車にはねられた。男性は救急車で病院に運ばれたが、心肺停止の状態だったという。乗客にケガはなかった。JRによると、列車の運転士が線路内に入る人影を確認し非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。現場は警報器も遮断機もある踏切で、事故当時、遮断機はおりていたということで、警察は男性が遮断機をくぐって線路に入ってきたものとみて詳しい事故の原因を調べている。この事故の影響で、JR可部線の広島駅から「あき亀山駅」までの上下線が一時運転見合わせとなった。(TSS)




JR可部腺 堂ヶ内踏切
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL