「セブンイレブン広島御調店」に軽自動車が突っ込む

3月24日午前、尾道市で70代の男性が運転する軽自動車が、コンビニエンスストアに突っ込む事故があった。24日午前11時すぎ、尾道市御調町市のコンビニエンスストア「セブンイレブン広島御調店」で店に車が衝突したと目撃した人から警察に通報があった。

警察によると、79歳の男性が運転する軽自動車が、店の出入り口の自動ドアを突き破って店内に進入したという。当時、店には数人の客と店員がいたがいずれもけがはなく、運転していた男性と乗っていた妻もけがはなかったという。軽自動車は、車体がすべて店内に入った状態で止まり、周辺には割れたガラスの破片が飛び散っていた。

店によると、これまで似たような事故が起きていることから、店内への進入を防ぐため駐車場に鉄製の柵を設けていたが、今回は柵の設置がされていない所で起きたという。警察は、駐車しようとした男性がアクセルとブレーキを踏み間違えてたとみて、当時の詳しい状況を調べている。(NHK広島)




セブンイレブン広島御調店


関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL