海上保安大卒業式12年ぶりに現役総理として安倍首相出席

広島県呉市の海上保安大学校で卒業式が行われ、安倍総理も出席し、祝辞を述べた。海上保安大学校では42人の本科生が卒業式を迎えた。卒業式には、安倍総理のほか石井国土交通大臣も出席した。現役の総理大臣が卒業式に出席するのは12年ぶりだという。

(安倍首相)「現在わが国の海域を取り巻く環境は海上保安庁の歴史で類を見ない厳しさをみせています」「国際感覚を涵養し、自ら考え抜き、従来の発想にとらわれることなく柔軟に事に当たってほしい」。

式では、卒業生一人一人に卒業証書が手渡された。

(卒業生)「現場の最前線でリーダーシップを発揮できる指揮官になれるよう精進していきたい」。

卒業生らは来月から国際航海などの研修を受けたあと、12月から巡視船などの現場に配属される予定。(RCC)




海上保安大学卒業式 安倍首相

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL