岸田文雄政調会長が同郷広島でつながった山口組元幹部との「親密写真」流出問題

3月2日、大阪・梅田の「ザ・リッツ・カールトン大阪」で開かれた、自民党衆院議員・竹本直一氏(77)の「新春賀詞交歓会」で、自民党の岸田文雄政調会長(60)と、山口組の武闘派組織として名を馳せた「中野会」の元副会長「矢野康夫氏」(本名・若野康夫)が、ガッチリと握手をした写真が週刊紙「FRIDAY」によって報じられた。

それによると、矢野氏は、かつて山口組系二次団体の幹部などを歴任し、「中野会」の副会長も務めた。現在は大阪で格闘技団体「一般社団法人 競拳インターナショナル」の代表理事を務めている。「若野康玄」という名で活動しており、自らのフェイスブックに、この「親密写真」をアップしているという。


写真を見ると、とても似つかわしくないツーショットだが、若野康玄氏のFacebookを見ると、居住地は大阪府貝塚市となっているが、出身地が何と広島県世羅郡となっており、こっちの方が驚きだ。まさか、同郷の広島でつながってしまったのだろうか。


さらに記事では 「(矢野氏が)パーティに行ったことも、岸田氏と写真を撮ったことも間違いない。しかし、(矢野氏が)9年前にキックボクシングジムを作ったときに(暴力団、そして暴力団との関わりは)全部やめている」という。


しかし、大阪府警関係者は 「今年2月に神戸山口組の中核組織『山健組』の下部組織である『兼一会』が絶縁処分を受け、その後、六代目山口組側である『極心連合会』の傘下に入ったのです。山口組分裂の帰趨を決する大型移籍が実現したと、大きな騒ぎになった。実はこの移籍の裏工作を成功させたのが矢野氏だと言われているのです。現在でも、矢野氏は極心連合会の『特別相談役』と呼ばれており、“現役”という認識です」と話す・・・・。


岸田氏、握手の際は身元確認せず 

自民党の岸田文雄政調会長は3月23日の記者会見で、写真週刊誌「フライデー」が自身と元暴力団幹部とされる人物が、パーティー会場で握手している写真を掲載したことに関し「相手の身元を確認しながら撮影することはしていない」と述べた。党所属国会議員の会合の懇談で、不特定多数の出席者から求められるまま撮影に応じたと説明した。岸田氏は「どこの会合でも、かなり多くの方がスマートフォンを持って写真撮影を求めてくる」と強調した。同誌の記事によると、3月2日開かれた岸田派所属議員のパーティーでの写真という。(共同)



岸田文雄政調会長 元山口組幹部



池田勇人元首相の銅像(広島市中区)前にて
武本直一議員と岸田文雄議員

竹本直一 岸田 文雄



FK 岸田文雄
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ