無人のトラックを止めようとした女性が田んぼに転落して死亡

3月23日午後、東広島市のあぜ道で、停車していた無人の軽トラックが坂道をバックで走り出し、止めようとした74歳の女性が、トラックとともに田んぼに転落して死亡した。23日午後0時20分ごろ、東広島市高屋町高屋堀の私有地のあぜ道で「停車していた無人の軽トラックが人をはねた」と消防に通報があった。

警察によると、近くに住む道城君枝さん(74)が坂道をバックで走り出した軽トラックを止めようとして、トラックとともにおよそ5メートル下の田んぼに転落したという。道城さんは全身を強く打ち、市内の病院に搬送されたがまもなく死亡が確認された。

軽トラックは道城さんの夫が2人で農作業を行うため、自宅近くの坂道に停車し無人の状態だったが、突然後ろ向きに走り出したということで警察が事故の詳しい原因を調べている。(NHK広島)




東広島市高屋町 事故
関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL