ヤクザと交際した元女性巡査(23)はもう逃げられない”南無阿弥陀仏”

新宿署に勤務する女性巡査(23)が、ヤクザと交際して捜査情報を漏らし、さらに100万円を渡していたという。地方公務員法(守秘義務)違反どころか、これは大変なことになる。交際までしたヤクザはこの女性巡査(すでに辞職)を執念のごとく、とことん追い詰めて探し出すだろう。当然、女の実家まで行く。女の身柄を確保した暁には、もう逃げられない。

女を捕えたヤクザは、女の背中に入れ墨だ。これに反抗するようなら、場合によっては身の危険さえある。ある日、首と手足が無い状態で、山林やダムなどで発見されることになる・・・。


同じような事が知人にいたのだ。ある都市でヤクザの仲間だった男が、組から逃げて広島へ戻った。後に数人のヤクザが広島へ来て、知人の実家の周辺をうろついたのだ。

もうひとり、知人の女が広島で飲食店を開いていたが、その女はヤクザ系の人(X)とつきあっていた。経営がうまくいかないとXに頼っていたが、ある時Xは女の実家まで足を踏み入れて金を要求した。後にXは60歳代で死亡。Xを頼りにしていた女は他のヤクザから脅され、ついに自殺。


元女性巡査の顏は、完全にヤクザにバレている。このまま放置しておくはずがない。必ず探し出して女を捕えるだろう。南無阿弥陀仏・・・・。

関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL