無免許運転で乗用車と衝突して立ち去った男を逮捕

海田署は3月18日、熊野町中溝4丁目、無職上野秀臣容疑者(62)を道交法違反(無免許運転)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は17日午後6時15分ごろ、広島市安芸区船越4丁目の県道で、無免許で軽ワゴン車を運転した疑い。海田署によると、上野容疑者は2013年12月に免許取消処分を受けていた。現場の交差点で乗用車と衝突事故を起こし、車を置いて立ち去ったという。乗用車の運転手が110番した。(中国)
関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ