三原運動公園のすべり台で女児が指を切断

3月11日、三原市にある公園のすべり台で遊んでいた女の子が指先を切断するケガをしていたことが分かった。11日、三原運動公園のすべり台で、三原市に住む就学前の女の子が、左手人差し指の先を切断するゲガをしていた。すべり台の滑走面は4枚のステンレスをスポット溶接でつなぎ合わせた構造で、三原市によると、つなぎ目に指をはさんだ可能性が高いという。去年9月の点検で、異常は確認されていなかった。三原市では事故があったすべり台を原因が明らかになるまで使用禁止にするとともに、他の施設のすべり台についても点検を行っているという。(HOME)




三原運動公園 指切断
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ