東広島署の男性巡査3人が後輩警官を裸にして撮影

後輩の警察官を裸にして写真撮影したなどとして、広島県警が、東広島署に勤務していた男性巡査3人(22~27歳)を減給10分の1(3~6カ月)の懲戒処分にしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。3人は依願退職した。捜査関係者によると、3人は昨年12月、同県東広島市にある後輩の男性巡査宅で、男性を裸にさせ、携帯電話のカメラで撮影した。3人は酒を飲んでおり、悪ふざけのつもりだったという。(読売)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ