道路の中央で車を止めた女性が自分の車の下敷きになる

3月2日午前7時半ごろ、広島市安芸区矢野にある「広島熊野道路」の料金所の手前で、70代の女性が運転していた車を道路の中央で突然、停止させた。女性が車から降りたところ、停めた車がバックをはじめ、女性を下敷きにしたあと、反対車線の斜面に衝突した。女性は病院に運ばれたが、意識不明の重体。

女性が車から降りたあと「助けて」と言いながら倒れこみ、車に巻き込まれたという目撃証言があり、警察は女性が何らかの理由で車を停めて車外に出たものの、サイドブレーキを引き忘れた可能性があるとみて、詳しい事故の原因を調べている。(TSS)




広島市安芸区矢野町「広島熊野道路」
関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL