駐禁身代わり出頭でシモハナ物流浦和営業所の幹部3人が逮捕される

広島県坂町の運送会社「シモハナ物流」の浦和営業所(さいたま市緑区)で、業務中に駐車違反をした運転手の代わりに別の社員を警察に出頭させたとして、埼玉県警は2月26日、犯人隠避の疑いで同営業所統括井窪智康容疑者(40)=同市大宮区北袋町、副所長代理香取健吾容疑者(39)=同県狭山市水野=ら幹部3人を逮捕した。

同県は車両の使用制限を免れるため、組織的に身代わりに出頭させていたとみて、同営業所を家宅捜索するなど調べていた。シモハナ物流は「捜査に協力し再発防止を徹底する。身代わり出頭について本社からの指示はない」としている。

逮捕容疑は2016年2月に同県所沢市の路上で駐車違反をした男性運転手の身代わりに、同年3月、大宮東署に香取容疑者を出頭させた疑い。

運送会社の身代わり出頭を巡っては、警視庁が17年3月までに、犯人隠避などの疑いで、佐川急便の東京都内にある営業所の社員ら計106人を逮捕、書類送検している。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL