宮島・廿日市市沖で米軍機が集結

1月、廿日市市沖にアメリカ軍機が集結したことが、アメリカ軍のホームページに掲載されたことを受け、市が国に詳細の確認を求める要請文を提出した。アメリカ海軍のホームページには、1月25日に広島でアメリカ海軍に所属するMH60の2機のヘリコプターが、打撃調整と偵察訓練のために集まったと記されている。

廿日市市によると、2月13日、市民から「アメリカ軍のホームページに廿日市市とみられる写真が掲載されている」と連絡があったという。連絡を受けた市は、写真にある海域が廿日市市沖とみて、防衛大臣と外務大臣にアメリカ側に対して事実確認をするよう要請文を提出した。県も廿日市市からの報告を受けて、中国四国防衛局に事実確認を要請したという。

この映像は、ホームページに掲載されている翌日の1月26日の映像。午後1時ころ、宮島の南側でMH-60のようなヘリコプタ—が撮影された。廿日市市では、「アメリカ軍機による騒音が、世界遺産の宮島で行われる文化行事に影響を及ぼす」などとして、これまでにも訓練中止を求める要請文を国に提出している。(RCC)




米海軍 廿日市市


宮島~廿日市市~五日市

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL