「思いやり・温かく迎える」という心のない広島県でも起こりそうな被災者への偏見

原発事故で被ばくを恐れ、福島県から避難してきた子供が「放射能怖い」と偏見を持たれるケースがあるとして、千葉県船橋市教委が全市立小中学校長らに配慮するよう異例の指導を行っていたという。福島県南相馬市から船橋市へ避難した小学生の兄弟の事例では、公園で遊んでいると地元の子供から露骨に避けられたという。兄弟は深く傷つき、両親らは別の場所へ再び避難した。

南相馬市の小学生の兄弟のケースは、避難者の受け入れ活動に熱心な船橋市議の一人が把握し、市教委に指摘した。市議によると兄弟は小5と小1で、両親と祖父母の6人で震災直後船橋市内の親類宅に身を寄せ、4月に市内の小学校に転校、入学する予定だった。兄弟は3月中旬、市内の公園で遊んでいると、方言を耳にした地元の子供たちから「どこから来たの?」と聞かれた。兄弟が「福島から」と答えると、みな「放射線がうつる」「わー」と叫び、逃げていった。兄弟は泣きながら親類宅に戻り、両親らは相談。「嫌がる子供を我慢させてまで千葉にいる必要はない」と考え、福島市へ再び避難した。

福島県から県内に避難し、この家族をよく知る男性は「タクシーの乗車や病院での診察を拒否された知人もいるようだ。大人たちでもこうなのだから、子供たちの反応も仕方がない。でも、当事者の子供はつらいだろう」と話す。市議の指摘を受け、船橋市教委は3月28日「(放射能への)大人の不安が子どもたちにも影響を与え、冷静な対応がとれなくなることが危惧される」として、避難児童に「思いやりをもって接し、温かく迎える」「避難者の不安な気持ちを考え言動に注意する」よう市立小中学校長らに通知した。(毎日新聞)



広島市教委は、東日本大震災で被災し、市立小中学校・幼稚園に転入した園児や児童、生徒が計38人いることを報告したという。(転入生の内訳は、幼稚園が1園1人、小学校は15校30人、中学校は4校7人)広島でのいじめのひとつとして、そばに近づくと「~がうつる!」と言い、皆逃げるということをやる。やる子供たちは、面白半分にからかうわけだが、内容によっては大変なことになる。また、いい大人になっても、思いやりとか、心の温かさは非常に希薄と言える。広島での社会生活では、このような言葉は存在しないのかと思った程だ。転入された被災者には何事もないことを祈る。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL