福山市立川口小学校正門前で児童2人が軽自動車にはねられる

2月19日午後、広島県福山市にある小学校の正門前で、横断歩道を渡ろうとしていた児童2人が、軽自動車にはねられ顔を打撲するなどのケガをした。警察などによると、19日午後3時過ぎ、福山市立川口小学校の正門前で、小学生の児童2人が、下校しようと横断歩道を渡っていたところ、軽自動車にはねられた。

この事故で小学4年生と3年生の男子児童2人が、顔を打撲するなどの軽いケガをした。事故当時、信号機は歩行者側が青で、軽自動車が信号無視をした可能性があるという。警察は運転手の70代の男性に話しを聞くなどして、事故の原因を調べている。(TSS)



福山市立川口小学校事故
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ