客引きをした大学生2人が現行犯逮捕される

県警繁華街・歓楽街総合対策推進本部と広島中央署は2月7日午後9時35分ごろ、広島市安佐南区八木4丁目、大学生山本和也容疑者(21)を県迷惑防止条例違反(客引き)の疑いで現行犯逮捕、同日午後9時45分ごろ、安芸郡の大学生男子(19)を同容疑で現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、いずれも中区薬研堀の路上で、私服で取り締まり中の私服の警察官に山本容疑者は「キャバクラ70分5千円」などと、大学生男子は「1時間5千円ぽっきり。そこのビルのラウンジです」などと誘った疑い。(中国)

関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL