五右衛門風呂の燃えかすが原因で住宅全焼

2月6日午後、呉市音戸町で住宅1棟が全焼する火事があった。風で飛び火し、およそ100m離れた空き家も全焼した。火事があったのは呉市音戸町渡子の住宅。消防と警察によると午後1時10分ごろ、火元の住人から「自宅の風呂場が燃えている」と消防に通報があった。消防が消火にあたっていたが風の影響で飛び火し、およそ100メートル離れた空き家に燃え移った。この火事で火元の住宅と空き家が全焼した。けが人はいないという。警察によると火元の住人が「五右衛門風呂の燃えかすを風呂場の外に置いていた」と話しているということで、警察と消防が火の不始末が出火原因とみて調べている。呉市では午後1時ごろ、最大瞬間風速8メートルを記録した。(RCC)



呉市音戸町 住宅火災
関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL